ガラスの一つに強化ガラスがありますが、特殊加工で耐熱性能を持たせたのが耐熱強化ガラスです。
強化ガラスよりも強度があり、耐熱性能もあるため防火用などに使われます。

耐熱強化ガラスはどれぐらいの強度があり、何度まで耐えられる耐熱性があるのでしょうか?

耐熱強化ガラスは強度と耐熱性能を兼ね備えている!

耐熱強化ガラスの性能と他のガラスとの違い

普通のガラスは耐熱性能がないために、高温の熱に晒されると割れます。
ガラスが熱で割れるのは、急激な温度変化で一部が膨張するために割れます。
このような普通のガラスは、熱伝導率が低いために、炎に晒されると一部だけ加熱し膨張するために割れるのです。

耐熱強化ガラスは、耐熱性に優れており普通のガラスよりも高温になっても割れません。
さらには強度が増しており、強化ガラスの二倍以上の強度があります。
強度と耐熱性の両方が必要とされる場所で使用され、新幹線でも採用されています。

耐熱性に関しては数百度程度まで耐えられ、耐熱温度は耐熱強化ガラスの製品によって違います。

強化ガラスはガラス素材を変えずに強度を高めていますが、耐熱強化ガラスはガラス素材を変えて強度を増しています。
強化ガラスも温度変化に耐えられますが、耐熱強化ガラスだと直火でも耐えられます。

普通のガラスとの違い

耐熱強化ガラスと普通のガラスとの違いは、熱膨張率です。
熱膨張率を低くしている耐熱強化ガラスは、温度変化によるガラス体積の収縮が小さくなるために高温に熱しても割れにくいです。
熱膨張率を下げるために、普通のガラスにホウ酸などを添加します。

ホウ酸は熱を加えると体積が小さくなる特性があり、ガラスに混ぜれば熱で膨張しにくくなります。
耐熱強化ガラスは種類により違いますが、500度程度から1200程度まで耐えられます。

オレンジ色の炎は500度程度であるために、耐熱強化ガラスが熱せられても割れません。
耐熱温度よりも高い温度で熱せられると割れますが、割れたときは普通のガラスのように鋭利に割れるのではなく、粉々になるために怪我しにくいです。

防火ガラスとの違い

防火用として使われるガラスに防火ガラスがあります。
火災発生時に延焼を防ぐ効果があり、ガラスの中に網が入っています。
網入りの防火ガラスは、金属網を入れるので構造上厚みがあり重要が重くなります。
火災で熱せられると中の網が高温になるので熱割れを起こします。

これに対して耐熱強化ガラスは網が入っておらず、防火用として使っても視界がクリアです。
普通のガラスと同じ厚みで使えるために軽量です。
燃えにくいために、火災状況によっては初期消火できます。

耐熱強化ガラスへの交換費用

耐熱強化ガラスを取り付けたり交換したりする場合の費用は、ガラスの種類や取り付ける枚数で変わります。
ガラスも厚さやサイズで違うために、一概にいくらであるとはいえません。

ガラスの交換や修理費用はガラス代と工事費の二つです。
クレーンを用いたり特殊機械を使用したりするときは、別途費用が発生し出張費もかかるかもしれません。

新しいガラスに交換したときは、古いガラスの処分費用も発生します。
一例として、耐熱強化ガラスへの交換費用は以下の通りです。

・掃き出し窓(幅0.8m×高さ1.8m×厚み6.5mm×2枚): 69,000円
・腰高窓(幅0.8m×高さ0.9m×厚み6.5mm×2枚): 47,000円

これは目安であり、施工店によっても費用は変わります。
ちなみに防火用に網入りガラスも使用できますが、耐熱強化ガラスよりも網入りガラスの方が費用が若干安いです。

耐熱強化ガラス使用時の注意点

耐熱強化ガラスは耐熱性と強度を高めていますが、絶対に割れないガラスではありません。
必要以上の力を加えれば割れ、耐熱温度より高い温度で熱しても割れます。
また汚れて掃除するときに、クレンザーなどを用いて磨くと表面に発生した微細な傷が原因で割れることがあります。

耐熱強化ガラスは特殊処理を行っているために、ガラス表面が若干歪んでいます。
窓ガラスなどとして使用すると、ガラスに映った景色が歪むことがあります。
外観が気になるならば、他のガラスを使用した方が良いかもしれません。
室内からガラス越しに外を見たときは、景色は歪みません。

ガラスごとに特殊な強化処理を施して、耐熱強化ガラスを製造します。
そのために、一枚一枚製造するのに時間がかかり、受注してから納品するまである程度時間を要します。

最大1ヶ月程度かかるので、耐熱強化ガラスが欲しいならばある程度時間に余裕を持たせた方が良いです。
取り付けるときには、ある程度の費用も発生します。

まとめ

耐熱強化ガラスは特殊な処理によって、強度の他に耐熱性も持たせています。
強化ガラスよりも強度が高まっており、数百度まで耐えられる耐熱性を持っています。
強度と耐熱性両方が必要な場所での使用に適しており、防火ガラスとしても使用できます。

取り付けるとなると、ある程度時間がかかり、普通のガラスよりも費用が高いです。
窓ガラスに使用すると、外からガラスを見たときにガラスに映った景色が歪むという特徴があります。

Follow me!