台風など風が強いときには、雨戸があれば窓が割れる心配をする必要はないのですが、現実には雨戸がある家の方が少ないでしょう。
台風の影響をあまり受けない地域では、そもそも雨戸を設置している家の方が珍しいようです。

本記事では、家の窓ガラスを強風から守るための補強方法について詳しく解説します。
ガラスが割れてしまったときの対処法も紹介しているので、家に雨戸がない方は、ぜひ参考にしてください。

窓ガラスの補強方法について解説!ガラスが割れたときの対処法も紹介

台風に備えた窓ガラスの補強方法

台風や強風が吹く日には、万一に備えて網戸をしっかり閉めれば良いわけですが、家に網戸を備えていない人の方が多いのが現実です。
以下に、雨戸の代わりになる台風などに備えた窓ガラスの補強方法を紹介します。

段ボールとガムテープを利用する

家に段ボールやガムテープがあるなら、それらを有効活用することができます。
やり方はいたって簡単で、簡単に剥がれないようにガムテープを使って段ボールを窓一面に貼り付ければ良いだけです。

段ボールがない、または段ボールが足りないという場合は、ガムテープだけでも対策できます。
この場合は、ガムテープを窓の内側に米印になるように貼ってください。

あくまでも簡易的な補強方法ですが、ガラスの飛散防止には大いに役立ちます。
後からテープをきれいに剥がすことを考えれば、紙製よりも布製を使用することをおすすめします。

新聞紙を利用する

段ボールがない場合は、新聞紙を代わりに使用する方法も有効です。
ガムテープだけを使用するよりも、ガラスの飛散を大幅に抑えることができます。

防犯フィルムを利用する

事前に準備ができるなら、防犯フィルムを貼るのもおすすめの方法です。
その名の通りに、防犯用として販売されている商品ですが、ガラス割れや飛散を防ぐ働きも持ち合わせています。

値段は張りますが、高性能な高額商品になると、バールなどでも簡単にガラスが割れないものもあります。
防犯フィルムを用いれば、台風が去っても、そのまま使用し続けられるのも大きなメリットです。

飛散防止フィルムを利用する

ガラスの飛散を防ぐための商品である「飛散防止フィルム」を利用するのも良い方法です。
価格は防犯フィルムよりも安く、地震など台風以外の防災グッズとしても広く使用されています。

カーテンを利用する

家に何もないなら、カーテンを利用しましょう。
カーテンが付いている窓しか対策できませんが、しっかり閉めた後にテープなどを使って固定することをおすすめします。

割れにくいガラスに交換する

窓を補強するなら、割れにくいガラスに交換するのが最も効果的な方法です。
割れにくいガラスには、いろいろな種類があるので、専門業者に相談して適材適所に商品を選んでください。

窓ガラスを補強するときの注意点

以下に、窓ガラスを補強するときに注意すべきことを紹介します。

窓の外にあるものを取り込む

せっかく窓ガラスを完璧に補強しても、飛来物によって外から強い衝撃が加わるとガラスは簡単に割れてしまいます。
遠方から何かが飛んでくるなら仕方ないですが、所有物でガラスを割ることは避けたいものです。

そのようなことが起きないようにするためにも、窓の外にあって動かせる物は、物置や室内に取り込んでおきましょう。
自宅の窓を割らなかったとしても、ご近所さんなど他人の家に損傷を与えたり、通行人に大怪我をさせたりすることも十分に考えられます。

窓の近くに物を置かない

万一窓が割れたときのことを考えて、窓に近づかないようにすることはもちろんですが、普段窓の近くに置いている物も遠ざけておくことを推奨します。
特に貴重品や飛び散ったガラスで傷が付きそうな物は、他の安全な部屋や押し入れなどに移動させておきましょう。

賃貸物件の場合は管理会社などの相談する

段ボールや新聞紙やフィルムなどで窓ガラスを補強する場合は良いですが、賃貸物件の窓ガラスを交換したり雨戸を設置したりする場合は、必ず事前に管理会社や大家さんに相談しなくてはいけません。

許可を得ないで勝手に交換や取り付けをすると、元通りにすることを求められるなど、大きなトラブルに発展してしまう恐れがあります。

ガタついた網戸は外しておく

窓ガラスに網戸が付属していて、それがガタついている場合は、台風などの強風で吹き飛ばされる恐れもあります。
網戸によって大きな被害を生み出すこともあるので、窓ガラスの補強をするときに忘れず取り外して、物置や家の中に入れておきましょう。

窓ガスが割れたときの対処法

窓ガラスが割れたときには、すぐにガラス修理業者を呼んで元通りにしてもらうことをおすすめしますが、台風などの災害時は依頼が殺到して時間が掛かってしまうこともあります。

台風がおさまっていて、日中に数時間程度で来てくれるような場合は身の安全を確保して、そのまま待っていれば良いです。
しかし、その日のうちに来てもらえなかったり夜間だったりする場合は、応急処置することをおすすめします。

窓ガラスが割れたままだと空き巣や泥棒に狙われやすくなり、家の中に雨水などが入り込んでしまうこともあります。
応急処置の方法は、ガラスの損傷具合によって異なります。

ヒビが入った程度なら、家のあるガムテープなどのテープ類を損傷箇所に沿って貼ってください。
ヒビ割れでもガラスの交換は必要になるので、後のことは考えないで、できるだけ頑丈なテープを使用しましょう。

ガラスに穴が空いている場合は、破片に十分に注意しながら、段ボールや大き目の頑丈なテープなどを使って穴を塞いでください。
板材や下敷きなどがあるなら、穴よりも大きくカットするなどしてテープで止めるのも有効な応急処置法です。

ガラスが大きく割れている場合は、段ボールや新聞紙や大き目の板材などを使用して、窓を隠すように覆ってください。
ガラスの破片に気をつけながら、隙間のないようにテープでしっかり固定します。

Follow me!