「網入りガラスは何のために利用するの?」「網入りガラスの値段はいくらするの?」などの疑問を抱えている方もたくさんおられることでしょう。
網入りガラスは防火設備に認定されていて、主に防火地域で利用されています。

このコラムでは、網入りガラスのメリットやデメリットも含めて、その特徴や特性を詳しく解説します。
気になる価格についても紹介しているので、網入りガラスの使用や交換を考えている方には参考になると思います。

網入りガラスの価格はどのくらい?メリットやデメリットをチェック!

網入りガラスとは

網入りガラスとは、その名前の通りにガラスの中に網(ワイヤー)が入っているガラスのことです。
網入りガラスは別名「防火設備用ガラス」と呼ばれていて、防火設備に認定されています。

なぜ防火設備になるかというと、火災時に窓ガラスが割れた際に、中に入っている網がガラスの破片の飛散を防止できるからです。
網入りガラスは、一般住宅ではあまり見かけることがありませんが、オフィスビルなどでは多用されています。

その理由は、都市計画法で定められた防火地域で、網入りガラスなどの防火設備の設置が義務付けられているからです。

また、建築基準法でも消防法でも防火地域や防火設備が必要な建物で防犯対策用のガラスの採用を義務付けていることから、網入りガラスは必然的に導入しなければいけないことになっています。

一口で網入りガラスといっても、実はいろいろな種類が用意されています。
中に入っているワイヤーも、メーカーや製品によって正方形や長方形やひし形など、さまざまな形状があります。

ガラスも透明なものもあれば曇りガラスも用意されていて、厚みも6.8mmと10.0mmが用意されています。
ガラスの強度も、商品によって異なるため、用途に合わせて慎重に選ばなくてはいけません。

網入りガラスのメリット・デメリット

網入りガラスには、メリットもあればデメリットもあるので、導入するときにはそのことをしっかり認識しておくことが大切です。

網入りガラスのメリット

以下に、網入りガラスの主なメリットを紹介します。

防火性に優れている

網入りガラスの最大の特徴は、防火性が高いところです。
防火設備に認定されているだけあって、火災が起きたときには火の粉の侵入を予防し、延焼を抑える高い効果も持ち合わせています。

飛散しにくい

網入りガラスに入っているワイヤーが、ガラスが割れたときの飛散を防いでくれます。
火災が起きたときにはパニックになりやすいですが、ワイヤーがしっかりガラスと繋ぎとめてくれます。
避難中にガラスの破片で怪我を負うなどの二次災害を最小限に抑えてくれます。

値段が安い

網入りガラスは、他の耐熱効果を持つガラスよりも値段が安いことも大きなメリットです。
耐熱強化ガラスと比較すると、種類などによっても異なりますが、1.5~2倍程度は安く手に入れられます。

網入りガラスのデメリット

網入りガラスにはいろいろなメリットがありますが、デメリットも存在します。
以下が、網入りガラスの主なデメリットです。

熱割れが起きやすい

網入りガラスは、中に入っている金属製のワイヤーがガラスに温度差をつくりやすくすることから、熱割れを起こしやすいという特徴があります。
また、ワイヤーの膨張が原因となり、普通の窓ガラスよりも割れやすくなっていることもデメリットの1つです。

見た目が悪い

網入りガラスにはワイヤーが入っているため、どうしても見た目が悪いというデメリットがあります。
見た目は気にしないという方でも、網があることで外の景色が見えにくく、高層ビルのオフィスなどではせっかくの絶景を遮ることになってしまいます。

網入りガラスを選ぶときの注意点

網入りガラスはその見た目から、強度が高く防犯対策にも効果的だと考える方も多いようです。
しかし、前記したように普通のガラスよりも割れやすいため、防炭対策には不向きとなっています。

実は、網入りガラスの中に入っているワイヤーは、手で簡単に引きちぎることができる程度の強度しかなく、ガラスが割れたときの飛散を防ぐ以上の効果は期待できません。

火災対策として採用し、強度を高めるために防犯フィルムを貼ることは有効な手段ですが、そのときには必ず専用のフィルムを選ばなくてはいけません。
一般のフィルムは貼ることができないようになっているので、間違って購入しないように注意してください。

網入りガラスの価格について

網入りガラスは安価で入手できると説明しましたが、気になる1枚あたりのガラスの価格は10,000~20,000円程度です。
ただし、掃き出し窓のような大きなサイズになれば、30,000円程度はします。

もちろん、大きさの他にもガラスの種類や設置する場所によっても取り付けや交換にかかる費用は異なります。
専門業者に施工を依頼した場合は、ガラス代の他に施工費として8,000円~40,000円程度がプラスしてかかります。

依頼する業者によって、出張費や休日・深夜料金などがかかることもあります。
網入りガラスをできるだけ安く施工したい場合は、複数社から相見積りを取ることをおすすめします。

Follow me!