ガラスにはいくつも種類があり、そのうちの一つが熱線吸収ガラスです。
あまり聞いたことのないガラスかもしれませんが、太陽からの熱を吸収する働きがあり家庭用の窓ガラスとして使用されます。

この記事で熱線吸収ガラスはなぜ熱を吸収するのか、そしてどんなメリットや注意点があるのかご紹介します。

熱線吸収ガラスはどんなガラス?冷暖房効果を高める役割がある

熱線吸収とは?ガラスが熱を吸収する仕組み

熱線吸収ガラスは、ガラス表面に着色を行い熱線の吸収効率を高めています。
太陽光の30~40%程度を吸収するので、室内に入る熱を減らし冷暖房効果を高めます。
さらには直射日光を遮りまぶしさ低減の効果もあります。
ガラスの厚みは、5mm・6mm・8mmの三つです。

ガラスが熱を吸収するために、ガラス自体が熱されやすいです。
そのために、透明のガラスよりも熱で割れやすいです。
熱で温まった熱線吸収ガラスに、エアコンの冷たい風が当たり割れるケースも見られます。

金属を混ぜて着色しており、鉄・ニッケル・コバルトのどれかを混ぜます。
三色から選べるので、建物や部屋の色に合わせて選べます。
混ぜる金属により薄緑・グレー・薄茶色と三つの色があり、ガラスが着色され太陽光の熱を遮るのです。

ガラスの厚みが増すほど色が濃くなり、より熱線吸収効率が上がります。

熱線吸収ガラスの使用場所

主にオフィスや家庭など、冷暖房を使用する場所で使われます。
室内に入る熱を抑えて冷暖房の冷房効果を高めたい場所で使うのに適したガラスです。

また、サンルームのような場所のガラスとしても使用できます。
さらには自動車の窓ガラスとしても使用でき、直射日光を遮り車内温度上昇を抑えます。
つまりは、室内に入る熱を抑えたい場所で使えます。

普通のガラスと同じように、経年劣化することはほとんどないので末永く使用できます。
割れたり傷がついたりしなければ、何年も使用できるでしょう。
大きな窓ガラスとして使用するとコストが高くつきますが、その場合は半分ずつの大きさのガラスを並べて使えばコストを抑えられます。

大きなガラスほど輸送トラックへの積み下ろしで、クレーンやフォークリフトを使用し手間がかかるので、余計に費用がかかります。

熱線反射ガラスとの違い

室内に入る熱を抑えるガラスは、熱線吸収ガラスの他に熱線反射ガラスがあります。
熱線反射ガラスは、ガラス表面に金属を焼き付けており、金属の膜によって太陽光を跳ね返します。

表面が金属膜で覆われているために、ミラーのような見た目でマジックミラーのような室内のプライバシーを守る役割もあります。

鏡のように光を反射するので、ガラスが極端に熱を持つことはないです。
ガラスで反射した太陽光は他の建物や地面に当たります。
熱線吸収ガラスは熱を吸収し、熱線反射ガラスは熱を反射して、室内に入る熱を抑えます。

熱線吸収ガラスの加工

普通のガラスに色をつけているので、ガラスカッターを使用してカットできます。
購入前に業者でカットしてもらうこともできますが、DIYで自分でのカットも可能です。
ガラスを切るときは、ダンボールや紙を切るのとは違い、縦線の傷をつけてそこから折ってカットします。

傷を目印に折る感じです。
また、普通のガラスに色をつけているだけであるために、穴開け加工もできます。

熱線吸収ガラスの強化加工も可能です。
強化ガラスと同じように、熱線吸収ガラスを熱してから急激に冷やして強度を高めます。
窓ガラスに強化した熱線吸収ガラスを使用すれば割れにくくなり、割れても粉々で鋭利にはならないので怪我しにくいです。

強化加工すると、カットも穴開けもできません。

熱線吸収ガラスは曲げ加工もできます。
ガラスを600度程度で熱して軟化させて、重みで自然曲げます。
冷やして固めた後は、熱加工の曲げで発生した歪みを取り除き、曲げ加工完成です。
カーブのかかった壁などで曲げ加工したガラスを使用できます。

熱線吸収ガラス使用時の注意点

熱線吸収ガラスは太陽光の熱を吸収しガラスが熱を持つので、部屋用の窓として使うならば設置したガラス周辺の環境を考えないといけません。
ガラスを急激に冷やすような環境にしないようにしましょう。

エアコンの風がガラスに当たるような環境にすると、ガラスの一部のみ冷やされ熱を持った部分と冷えた部分との温度差により割れます。
ガラスが厚くなるほど熱を吸収するので、ガラスの温度差に注意しましょう。

また、熱線吸収ガラスの前に家具や厚手のカーテンを置くと、ガラスは熱い部分と冷たい部分ができて割れる可能性があります。
ガラスに紙を貼ったりペンキを塗ったりする行為も、温度差で割れやすいです。

まとめ

熱線吸収ガラスはガラスに鉄粉などの金属の粉を混ぜて色をつけているために、光を遮り太陽光の熱を吸収します。
窓ガラスに使われるガラスであり、室内に入る熱を減らし冷房効率を上る効果があります。
厚みは5mm、6mm、8mmとあり厚くなるほど熱吸収効率が高いです。

窓ガラスとして使用するときは室内の家具や家電の設置場所を考え、ガラスの一部だけ冷やされると熱を持った場所との温度差で割れます。
熱線吸収ガラスは強化加工して割れにくくもできます。

Follow me!