こんにちは。DDG JAPANの関口です。
本日は、なぜDDGがメタルメッシュガラスをイチオシしているのか?

メタルメッシュガラスが生まれた理由

施工にかかわる中で、多くの建築士やデザイナーの方々とお話させていただく機会が多くあります。お話していると、もっと面白いものはないか?誰も使ったことのないガラスはないか?という意見を多くいただきます。弊社はもともと合わせガラスを得意としていたので、このガラスをより装飾性の高いガラスにできないかと考えました。  

合わせガラスは、割れたとしても破片が飛び散りません。

鉄道車両のガラス・防犯ガラス・防音ガラスなどに使われているイメージが強いですが、ガラスの間にメタルメッシュを挟むことでパーテーションやファザードなど建物をデザインする際により新しい発想が生まれるのではないかと考えました。様々な素材をガラスに挟んでみて、メタルメッシュの独特な凹凸が光と合わさることでより立体的に見えました。目の粗さを変えることで、重厚感のあるものからファブリックのような繊細なものまで種類が豊富なので多くの方に使っていただけると思います。

 

メタルメッシュガラスの強み

メッシュだけでも様々な建築物で使用されています。

しかし、ガラスと合わせることでお手入れが楽になります。ガラスは傷がつきにくいので特別な掃除なども必要ありません。

DDGはプリント技術にも特化しているのでメタルメッシュガラス調のプリントも可能です。しかし、ホンモノの素材と合わせることで光を入れたときのメッシュの輝きはやはりプリントでは表現できません。日中は太陽光でメッシュが輝き、夜になると照明で幻想的なデザインになります。

各メッシュによって光の通り方が変わるので、ぜひショールームにてご覧ください。

メタルメッシュガラス 手すりガラス

Follow me!