「グレンチャンって何?」「グレンチャンは自分で交換できる?」などの疑問をお持ちの方も大勢いるのではないでしょうか?
グレンチャンとは、窓ガラスのサッシを固定するために使用されている部品の1種です。

このコラムでは、グレンチャンの概要や役割などを詳しく解説し、交換のタイミングや手順、業者に依頼した場合の費用などについて詳しく紹介します。
自宅のサッシの汚れが気になっていて、自分で何とかしたいと思っている方には参考になるコラムです。

グレチャンの交換はDIYでできる?業者に依頼した場合の費用も紹介

グレンチャンとは

グレンチャンとは、英語の「glazing channel」を略した言葉で、正式名称を「グレイジングチャンネル」といいます。
グレンチャンは、窓ガラスをサッシに固定している部品で、我々が毎日安全にサッシ窓を開閉するためには欠かすことができないものです。

具体的に説明すると、グレンチャンはサッシ回りや窓枠などのガラスを取り付けるときに、部材の隙間にはめ込むゴム状のパーツで、サッシとガラスをしっかり固定させる役割を担っています。

グレンチャンがなければ、窓ガラスは開閉時や振動などが加わる度にグラついて動いてしまいます。
グレンチャンの断面は、コの字型の形状をしていますが、これは窓ガラスをしっかり挟み込んで固定するためです。

グレチャンを窓ガラスの端に這わせてきちんとサッシにはめ込めば、完璧に固定されてガラスがグラつかなくなり、安心にサッシ窓を使用できる仕組みとなっています。

窓ガラスを固定するための部材には、「ビート」と呼ばれるものもありますが、これは「グレイジングビート」を略した言葉で、グレンチャンとは異なります。

グレンチャンを交換するにはサッシを取り外して分解しなくてはいけませんが、ビートはそのままの状態で窓ガラスの内側と外側から簡単に押し込んで取り付けできるようになっています。

グレンチャン交換のタイミングについて

ゴム製のグレンチャンには耐用年数があって、永遠に性能を維持できるものではありません。
以下に、グレンチャンを交換するタイミングを紹介します。

カビがこびりついて取れないとき

寒い冬などには、結露してサッシ窓に水滴が溜まることもあり、それが原因でグレンチャンにカビが生えることがあります。
結露以外にも、長く使用していればカビが発生する可能性は高くなります。

カビが生えても洗剤などを使用して取り去ることができれば問題ないですが、掃除してもこびりついて取れないときには交換のタイミングです。
そもそも、グレンチャンの性能の劣化に関わらず、生えたカビをそのまま放置しておくことは健康上も良くありません。

経年劣化の症状がみられるとき

ゴミ製のグレチャンは、カビが生えないようにしっかりお手入れしても、経年劣化を避けることはできません。
ゴムが固くなったり触れたりしたときにベタベタするなどの症状がみられた場合は、経年劣化のサインだと考え、交換してください。

経年劣化したグレチャンをそのまま使用していると、窓ガラスをしっかり固定するという本来の目的を果たすことができなくなってしまいます。
見て見ぬふりをして放置しておくと、ガラスがグラつくようになるだけでなく、家の中に雨水が入り込んでくることもあります。

グレチャンの状態を気にしたことがなく、触れたこともないという方も少なくないと思います。
その場合は、10年を目安として交換することをおすすめします。

グレンチャンの交換手順

グレンチャンを交換するときには、サッシを取り外して分解しなくてはいけないため、素人が行うのはかなり難しいですが、DIYでできないこともありません。

以下が、グレンチャンをDIYで交換する手順です。

1.サッシの横にある固定ビスを外す
2.サッシを分解して窓ガラスを取り外す
3.グレチャンを取り外す
4.窓ガラスも含めてサッシを綺麗に洗浄する
5.しっかり乾燥させたら新しいグレチャンを取り付ける
6.グレチャンの取り付けは中央からスタートして窓ガラスに1周させる
7.窓ガラス1周させたらスタート地点に合わせて余分な部分をカットする
8.グレチャン取り付けた窓ガラスをサッシに取り付ける
9.サッシの固定ビスを取り付けて元に戻して作業完了

作業自体はそんなに難しくはありませんが、大きなサッシ窓だとかなり重量があり、作業中にガラスが割れてしまう恐れもあります。
筆者も以前DIYで家中のサッシ窓のグレンチャン交換を行いましたが、窓ガラスを2枚割ってしまいました。

筆者の場合は、高圧洗浄機を使用してサッシ窓の掃除をしましたが、10年以上使用していたこともあって、普通の手洗いでは汚れをしっかり落とすことは難しいと感じました。
個人的な感想として、それも含めてDIYに慣れていない方のチャレンジとしては、かなり難易度が高い作業です。

グレンチャンの交換の費用について

グレンチャンは、ホームセンターや通販でも購入することができ、1mあたり50~100円程度と安価であることから、DIYで交換する場合は大きな費用負担にはなりません。
ただし、前記したように素人が行う作業としてはかなり難易度が高く、ガラスが割れて大怪我をする恐れもあります。

また、大きなサッシ窓になると一人で取り外しすることは難しく、家中のグレンチャンを交換するとなると、1日では作業を終えることができないかもしれません。
グレンチャンの交換を専門業者に依頼する場合は、部品代も含めて費用相場は10,000円~15,000円程度となっています。

DIYで交換することを考えれば、かなり高額に感じる方も多いと思いますが、安全面を考えればプロに依頼することをおすすめします。
グレンチャンの交換に少しでも不安がある方は、くれぐれも無理をしないでください。

Follow me!