こんにちは。DDG の関口です。

JAPANSHOPでも一番目立つ所に設置した合わせ曲げガラスについてご説明いたします。

曲げガラスの成型方法

曲げガラスは、金型の上に板ガラスを乗せて電気やガスを使用した加熱炉の中に入れます。板ガラスの軟化温度まで徐々に加熱します。

柔らかくなった板ガラスは、その自重により金型に沿って曲がります。曲がり終わったガラスは加熱炉の中で徐々に冷やされ、同時に熱による反りや歪みを取り除きます。

曲げガラスの使用用途

・ジュエリーショーケース

・階段横手すりガラス

・柱巻き

・車や電車のフロントガラス

DDGの曲げ合わせガラス

DDGでは、曲げガラスに装飾を加えた合わせ曲げガラスを提供しています。メタルメッシュ・バンシーバ・ファブリックなどの素材を合わせたデザイン性の高い曲げガラスです。

DDGの合わせ曲げガラスは、ガラスとガラスがずれていないのが凄い!とほめていただきます。

曲げガラスの製造方法を合わせガラスを制作してから加熱し曲げると考えている方が多いですが、この方法で製作すると内側のガラスが外側のガラスより長くなるので2枚のガラスはずれてしまいます。

実際DDGでは、2枚のガラスの形状を計算し、ガラス寸法を決めたうえで2枚のガラスをそれぞれ切断しています。単板をそれぞれ曲げて、曲げた単体のガラス同士を合わせていますので、ガラスのズレは発生しません。

ショールームでは、メタルメッシュの合わせ曲げガラスや金物を入れた合わせ曲げガラスも展示していますのでぜひお越しください。

Follow me!