窓のリフォームを検討する際、どんな窓ガラスにすれば良いかとても悩みますよね。
「複層ガラスと二重サッシの違いがわからない」というケースもあるでしょう。

窓ガラスには、いくつかのタイプがあります。この記事では、複層ガラスと二重サッシの違いや、複層ガラスの選び方などについて解説していきます。ぜひ、あなたの家に最適なものを選びましょう。

ペアガラスや二重サッシの違いとは?ペアガラスの選び方も解説

複層ガラスとは?

複層ガラスは、ガラスとガラスの間に中空層を置く2枚一組のガラスです。複層ガラスの中空層には、通常は空気が入りますが、空気の代わりに不燃性のガス(アルゴンガスなど)が入る場合もあります。複層ガラスでは、この中空層が大切です。

冬に着るセーターやダウンが温かいのは、セーターやダウンが空気を含んでいるからです。空気には、断熱効果があり、セーターやダウンを着る=空気を着ることで、外気の冷気から体を温かくするのです。

ガラスとガラスの間にある中空層がもたらす効果も、セーターやダウンと同じです。複層ガラスの中空層は、断熱効果を発揮して、省エネルギーに貢献します。

戸建住宅、マンション、アパートなどの一般住宅でも、最近では複層ガラスにする人がかなり増えています。新築を一戸建てを建てられる方の約70%は、複層ガラスを導入すると言われています。複層ガラスの断熱効果による省エネルギーへの貢献は、周知の事実となり、複層ガラスは、高い普及率を維持しています。もちろん、大きなビルなどにも、複層ガラスは採用されます。こちらは、省エネ法に基づき、一定以上の断熱効果のある複層ガラスを設置する義務が課され得ています。複層ガラスは、省エネの切り札となっているのです。

複層ガラスのメリット

複層ガラスは、その中空層により、いくつかの特長を備えています。それは、断熱効果であり、断熱効果の結果期待できる結露対策です。

断熱ができること

複層ガラスは、ガラスとガラスの間の中空層に空気層を確保できるため、空気の層が断熱効果を発揮します。冬場は暖房熱を部屋の外に逃がさずに済みますし、外から冷気が入ってくるのも防げます。夏であれば、熱い外気が部屋内に入り込むことを防げます。いずれも、省エネ効果が期待でき、地球環境に優しくなります。

結露対策ができること

複層ガラスのメリットには、結露対策ができる点もあります。例えば、冬になって気温が低くなると、窓ガラスは外気によって冷やされます。すると、住宅の部屋の内部の窓付近の空気が窓ガラスによって冷やされ、その付近の温度が下がります。そうなると、空気中に含みきれなくなった水分(水蒸気)が、冷えたガラスの表面に「露」として現れて付着します。これを一般に「結露」と呼んでいます。

複層ガラスは、外側ガラスと内側ガラスとの間に中空層があり、この層が断熱効果を有しています。したがって、一般的には、外気が冷やされ外側ガラスが冷やされても、内側ガラスが冷やされることはなく、そうであれば、その内側ガラスの温度が下がることはなく、結露は発生しづらくなります。

結露は、嫌われ者です。窓のそばにあるカーテンが汚れてしまいますし、それがカビの原因となります。特に小さいお子さんがいるご家庭であれば、お子さんが喘息やアレルギーを引き起こす原因ともなり得ます。複層ガラスで結露対策ができれば、お子さんの健康を守ることができます。

複層ガラスのデメリット

しかし、複層ガラスには、つぎのようなデメリットもあります。

複層ガラスへの交換ならば、同時にサッシ交換も必要なこと

複層ガラスは中空層を持つので、ガラス自体の厚みが「ガラス+中空層+ガラス」となる。例えば、「5ミリ厚ガラス+6ミリの中空層+5ミリ厚ガラス」では、この複層ガラスの厚みは16ミリとなってしまい、交換する前のサッシに入っていたガラスが5ミリであれば、このサッシは再利用できず、交換せざるを得ない。従来の窓ガラスをリフォームするということで、複層ガラスに交換するのであれば、サッシも一緒に交換しなければならないということで、ガラス代金だけではなく、サッシの代金もかかってしまします。これが、最大のデメリットでしょう。ただし、最近はこの辺に対応した工夫もある商品が出てきましたので、そういったものを検討するのも一つです。(例えば、後付でガラスを1枚追加して、結果的に複層ガラスのようなものにしてしまう方法など。)

遮音は期待できないこと

複層ガラスは、2枚のガラスを中間層で挟んでいますから、遮音効果があるように考えられます。しかし、音の周波数により、ガラス1枚の遮音性能にも劣る場合があります。これは、2枚のガラスが中空層の空気と共鳴し、遮音性能が低下するからです。

複層ガラスと二重サッシの違いとは?

複層ガラスと二重サッシを一緒だと思っている方もいるでしょうが、実は違います。二重サッシとは、既存の窓の内側に新しく設置する窓のことです。言ってみれば、二重窓です。複層ガラスはそれ自体で1枚のガラスですから、二重サッシとは違います。両者の違いはガラスか窓かということです。二重サッシであれば、二つの窓の間に空気層のようなものができますから、普通の一重窓よりは、より断熱効果はありますが、複層ガラスのようにしっかりと密閉された中空層である空気層はありませんので、複層ガラスの効果に及ぶものではありません。

まとめ

複層ガラスや、複層ガラスと二重サッシの違い、メリット・デメリットについて解説しました。
複層ガラスについては、ぜひ交換を検討してみてはいかがでしょうか。断熱効果や結露対策にもつながりますし、メリットが大きいのが複層ガラスです。二重サッシと組み合わせることにより、より高い効果が期待できますよ。

Follow me!